海外の大学の大変さとどう向き合う?

留学を視野に入れたことがある人ならば、海外の大学は入ってからがたいへん、と聞いたことがある人も多いと思う。

僕はマレーシアで1年半の留学期間をすでに過ごしたが、まあ忙しい。授業の予習、復習、

さらに言語の壁のせいでいくら時間を費やしても何を言ってるのかわからない。

さらにさらに課題の期限も三日後だーー。。なんてことがよくある。

パソコンを常に使う

ここで注目してほしいのは、大学の勉強はほとんどパソコンで行うということ。

たとえば。。。

+ 授業前に読んでおく文書もオンラインで配布されるからパソコンで目を通す。

+ 授業で使われたパワーポイント等もオンラインで共有されるからパソコンで。

+ エッセイを書くための調べ物も、エッセイを書くこと自体もパソコンで。

そこで僕が行きついたのは以下の考えだ。

パソコンの効率化→勉強の効率化

ここでのパソコンの効率化とは、google chromeの拡張機能を用いること。

ファイル:Google Chrome icon (September 2014).svg

拡張機能をうまく活用することで作業時間の時短につながるし、つまり、勉強の忙しさを軽減することができる

そこで今回は、使うだけで作業効率が上がる拡張機能4選をお届けしたい。

そのまえに:Google chromeとは?拡張機能とは?

正直、あまり詳しいことは言えないが、google chromeはYahoo Japanのような検索エンジンの一つで、

拡張機能は、そのgoogle chrome に自分で機能をちょっと追加して自分好みにカスタマイズしよう、といったところだろうか。。

詳しく知りたい方は、以下のURLを参考にしてほしい。

エンジョイ!マガジン “同じ検索アプリじゃないの?「Google」と「Chrome」の違い” https://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/difference_gc

できるネット “Google Chromeの「拡張機能」とは”

1:OneTab

e-chrome-onetabA

OneTabでは、簡単に言うとタブを一つにまとめて管理できる。

僕の場合は特にエッセイを書くときにいろいろなサイトを閲覧するため、タブがものすごい数になる。

もしそのサイトを閉じてしまったら検索履歴からまた探すしかないのだが、

とりあえずOneTabにまとめておけば必要になったとき簡単に開きなおすことができる。

OneTab Help

課題をすすめるにあたってたくさんのサイトを参照する学生には必須な拡張機能。

OneTabのダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/onetab/chphlpgkkbolifaimnlloiipkdnihall?hl=ja

2:Google翻訳

Google翻訳自体はだれでも使ったことがあると思う。

しかし、拡張機能のGoogle翻訳は一味違う。 

わからない単語をダブルクリックして出てくるGoogle翻訳のアイコンをクリックすると。。。

下の写真のようにすぐに訳を表示してくれる。

いままではいちいち検索にかけていたかもしれないが、もうその時間と手間は必要ない。

Google翻訳ダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/google-translate/aapbdbdomjkkjkaonfhkkikfgjllcleb?hl=ja

3:マウスジェスチャー

この拡張機能は右クリックをした状態で特定の方向にマウスを動かすだけでブラウザの管理において様々なショートカットができる。

下の写真はできることの一部だ。斜め左上に移動させると一つ戻り、斜めに右下で一つ進む、といったこともできる。

マウスジェスチャー

どうやらPDFのファイルを見ているときは使えないようだが、それを考慮しても便利すぎる。。

だまされたと思って一度だけでも使ってみてほしい。

マウスジェスチャーのダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/mouse-gesture-events/ogjdgjefnddnjhkibmblgiofbjdgnahc?hl=ja

4:Video Speed Controller

こちらは勉強とはあまり関係ないが、名前の通り動画のスピードをコントロールできる。

いくら勉強が忙しいと言ってもYouTube, Netflix, Amazon Prime Videoなどなど見ることもあると思う。

その時間をなんとか短くできないかと使っているのがこちらの拡張機能。Google Chrome上で再生している動画ならなんでもコントロールできる。

Z ➡ 10秒戻る

S ➡ 0.1倍遅くする (元が1.0倍速なら0.9倍速になる)

D ➡ 0.1倍速くする (元が1.0倍速なら1.1倍速になる)

X ➡ 10秒進む

YouTubeのもともとの機能なら2倍速が限界だが、これを使えば3倍速にだってできる。(実は広告も3倍速等ですっとばすことができる)

さらにNetflixやAmazon Prime Videoには再生速度を変更する機能はないと思うが、これならできる。

等倍速で楽しみたい人はそれでもいいが、もっとはやく再生したいという人にはすごくおすすめ。

はやく見れば時間が浮くし、その時間で勉強してもよし、さらにもう一本追加で動画を見てもよし。時短の強い味方。

Video Speed Controllerのダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/video-speed-controller/nffaoalbilbmmfgbnbgppjihopabppdk?hl=ja

おわりに:浮いた時間でダラけてもいい

生産性を高めたり、時短したり、効率を高めたりして浮いた時間をつかってダラけてもいいと僕は考えている。

そもそも常に勉強や課題に忙殺されているのは非常にストレスだ。

しかし、それらを高い生産性でパッパッと済ませてダラダラすればストレスからも解消される。

精神にゆとりを持たせることで視野が広がり、新しいことにチャレンジするなんてこともあるかもしれない。(ぼくにとってはこのブログがそれ)

だから、”浮いた時間を勉強に充ててないのは時短の意味がない”なんて反論は意味をなさない。

生産性の向上を突き詰めるのはたぶんなかなかキツイと思うが、拡張機能をダウンロードして簡単に生産性を高めてみてはいかがだろうか?

↓Twitterやってます。留学生活&英語学習にフォーカスして発信しています。フォローよろしくお願いします。

最新の記事一覧