マレージャパンの声

他者との比較で自分を見出す【バランスが大事】

僕はたぶん生まれた瞬間から内気で、人付き合いも得意でなく、日本でも留学先でも他者との関りはあまり持たずに生きてきた。

そんな中で芽生えたのは「昨日の自分を超える」といったような自己完結型の思考だった。

だから、身近なことで例えるならば、インスタグラム等でほかの人のキラキラした投稿を見たとしても「他人は他人、自分は自分」というように気にしないようにする。まさにGoing my way精神。

しかし最近、中学時代の友人と数年ぶりに会って話をして、他人と比較することも必要なんじゃないかと、少し考えが変わった気がする。今回はそのことに関して深堀してみたい。

他人と比較することで自分を客観視する

自己アピールの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ここで、小学生時代を思い出してみてほしい。進級してあたらしい年度が始まると、自己紹介シートに自分の長所や短所だとかを書かされた経験はほぼ全員あると思う。

自分の長所ってなんだ。と思いながら他の人と比べて自分が良い意味で異なっているところを探すのに頭を悩ませていた。

これは一種の自己分析だと思うのだが、こんな小学生がやるようなプロセスでも自分の特徴を探すには他者との比較が必要であったということがわかる。

逆に、過去の自分と今の自分を比べて、”あ、これ自分の長所だな、短所だな”なんて分析していた人はいないと思う。

つまり、自分が優れているところを探すのも劣っているところを探すのも、昨日の自分と比較するだけでは足りなく、他者との比較が非常に大切になるというのがわかる。

いま向いている方向は正しいのか再考する

分岐路にいる車の写真

比較した結果、自分の長所と短所を認識するだけでは小学生がやっていることだからさらにもう一歩踏み込みたい。

つまり、比較して得た考えや事実をいま自分の状況に落とし込み、軌道修正やパフォーマンスの向上につなげていきたい。

僕の中学生の友達とのことを例に出すならば、彼は専門学校で勉強した分野の職業に就いたのだが、今はその仕事を辞め、今後は専門学校で勉強したこととは別の分野での就職を目指すらしい。

彼が今後どういう職に就くのかは神のみぞ知るところだが、以下のような感じで自分と重ねられる。

今はアルバイトしてないから貯金がそんなにない➡自分も大学を出た後に無職の期間ができてしまうかもしれない➡アルバイトするなり出費を抑えるなりで貯金しておこう

社会人になったからといっていきなり貯蓄がふえるわけでもないし、卒業後に就いた職を長期的に続けているか分からないし、こういったリスク管理もいまから必要だということに気づけた。

とにかく、こういった感じで、どうでもいいことから人生を左右することまで、対話を通じた他者との比較で見直すことができる。

留学も異次元の人と知り合うチャンス

昔の友人に加えて、当然のことながら、異文化のなかで生まれ育った現地の人と話すのは自分の価値観に大きな影響をあたえてくれる。

意外と盲点かもしれないが、留学先で知り合う日本人との交流も大切にしてみてほしい。

日本から一歩出る決断をした人っておそらく他の人とは違った考えを持っているから、単純におもしろい。

とは言いつつも、僕は最近はかなり人との交流を避けてきたから、これを機にもっとオープンになる必要があるかもしれないと思ってきた。。

でも、バランスは大事

ここまで他者との交流の重要性や、それをどう自分に生かせるかを深堀してきた。

しかし、忘れてはいけないのは他人に軸を置くのではなく、飽くまでも軸は自分に置くということである。

たとえば、他者ともっと交流しなきゃ!とスケジュールをお出かけばかりに充てたがゆえに、自分のための作業時間がとれない、というのでは本末転倒。

ということで、この記事の結論としては、

自分の道に向かいつつ、

“そういえば他の道の人は何をしてるのかな”

くらいな感覚で適度に他者の存在を自分の中に取り込めたら自分を客観視するいい機会になる。

おわりに

結局、何事にもバランスや限度が大事なんだなと感じる。

あんまり他者を避けすぎても自分を客観視する機会が減ってしまうと思うし、他者に振り回されすぎても自分を見失ってしまう。

今はオンライン授業で日本にいるから留学先の人と関われる機会は皆無に近いけど、日本にいる中学・高校時代の友人や新しく出会う人たちとの関りを大切に、自分に生かしていきたい。

読者さんもぜひ人との関りを見つめなおしてみてほしい。

Twitterやってます。こちらもよろしくお願いします。

これら4つのツールで簡単に勉強の生産性を高めませんか?【chrome拡張機能】

海外の大学の大変さとどう向き合う?

留学を視野に入れたことがある人ならば、海外の大学は入ってからがたいへん、と聞いたことがある人も多いと思う。

僕はマレーシアで1年半の留学期間をすでに過ごしたが、まあ忙しい。授業の予習、復習、

さらに言語の壁のせいでいくら時間を費やしても何を言ってるのかわからない。

さらにさらに課題の期限も三日後だーー。。なんてことがよくある。

パソコンを常に使う

ここで注目してほしいのは、大学の勉強はほとんどパソコンで行うということ。

たとえば。。。

+ 授業前に読んでおく文書もオンラインで配布されるからパソコンで目を通す。

+ 授業で使われたパワーポイント等もオンラインで共有されるからパソコンで。

+ エッセイを書くための調べ物も、エッセイを書くこと自体もパソコンで。

そこで僕が行きついたのは以下の考えだ。

パソコンの効率化→勉強の効率化

ここでのパソコンの効率化とは、google chromeの拡張機能を用いること。

ファイル:Google Chrome icon (September 2014).svg

拡張機能をうまく活用することで作業時間の時短につながるし、つまり、勉強の忙しさを軽減することができる

そこで今回は、使うだけで作業効率が上がる拡張機能4選をお届けしたい。

そのまえに:Google chromeとは?拡張機能とは?

正直、あまり詳しいことは言えないが、google chromeはYahoo Japanのような検索エンジンの一つで、

拡張機能は、そのgoogle chrome に自分で機能をちょっと追加して自分好みにカスタマイズしよう、といったところだろうか。。

詳しく知りたい方は、以下のURLを参考にしてほしい。

エンジョイ!マガジン “同じ検索アプリじゃないの?「Google」と「Chrome」の違い” https://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/difference_gc

できるネット “Google Chromeの「拡張機能」とは”

1:OneTab

e-chrome-onetabA

OneTabでは、簡単に言うとタブを一つにまとめて管理できる。

僕の場合は特にエッセイを書くときにいろいろなサイトを閲覧するため、タブがものすごい数になる。

もしそのサイトを閉じてしまったら検索履歴からまた探すしかないのだが、

とりあえずOneTabにまとめておけば必要になったとき簡単に開きなおすことができる。

OneTab Help

課題をすすめるにあたってたくさんのサイトを参照する学生には必須な拡張機能。

OneTabのダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/onetab/chphlpgkkbolifaimnlloiipkdnihall?hl=ja

2:Google翻訳

Google翻訳自体はだれでも使ったことがあると思う。

しかし、拡張機能のGoogle翻訳は一味違う。 

わからない単語をダブルクリックして出てくるGoogle翻訳のアイコンをクリックすると。。。

下の写真のようにすぐに訳を表示してくれる。

いままではいちいち検索にかけていたかもしれないが、もうその時間と手間は必要ない。

Google翻訳ダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/google-translate/aapbdbdomjkkjkaonfhkkikfgjllcleb?hl=ja

3:マウスジェスチャー

この拡張機能は右クリックをした状態で特定の方向にマウスを動かすだけでブラウザの管理において様々なショートカットができる。

下の写真はできることの一部だ。斜め左上に移動させると一つ戻り、斜めに右下で一つ進む、といったこともできる。

マウスジェスチャー

どうやらPDFのファイルを見ているときは使えないようだが、それを考慮しても便利すぎる。。

だまされたと思って一度だけでも使ってみてほしい。

マウスジェスチャーのダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/mouse-gesture-events/ogjdgjefnddnjhkibmblgiofbjdgnahc?hl=ja

4:Video Speed Controller

こちらは勉強とはあまり関係ないが、名前の通り動画のスピードをコントロールできる。

いくら勉強が忙しいと言ってもYouTube, Netflix, Amazon Prime Videoなどなど見ることもあると思う。

その時間をなんとか短くできないかと使っているのがこちらの拡張機能。Google Chrome上で再生している動画ならなんでもコントロールできる。

Z ➡ 10秒戻る

S ➡ 0.1倍遅くする (元が1.0倍速なら0.9倍速になる)

D ➡ 0.1倍速くする (元が1.0倍速なら1.1倍速になる)

X ➡ 10秒進む

YouTubeのもともとの機能なら2倍速が限界だが、これを使えば3倍速にだってできる。(実は広告も3倍速等ですっとばすことができる)

さらにNetflixやAmazon Prime Videoには再生速度を変更する機能はないと思うが、これならできる。

等倍速で楽しみたい人はそれでもいいが、もっとはやく再生したいという人にはすごくおすすめ。

はやく見れば時間が浮くし、その時間で勉強してもよし、さらにもう一本追加で動画を見てもよし。時短の強い味方。

Video Speed Controllerのダウンロードはこちらから:https://chrome.google.com/webstore/detail/video-speed-controller/nffaoalbilbmmfgbnbgppjihopabppdk?hl=ja

おわりに:浮いた時間でダラけてもいい

生産性を高めたり、時短したり、効率を高めたりして浮いた時間をつかってダラけてもいいと僕は考えている。

そもそも常に勉強や課題に忙殺されているのは非常にストレスだ。

しかし、それらを高い生産性でパッパッと済ませてダラダラすればストレスからも解消される。

精神にゆとりを持たせることで視野が広がり、新しいことにチャレンジするなんてこともあるかもしれない。(ぼくにとってはこのブログがそれ)

だから、”浮いた時間を勉強に充ててないのは時短の意味がない”なんて反論は意味をなさない。

生産性の向上を突き詰めるのはたぶんなかなかキツイと思うが、拡張機能をダウンロードして簡単に生産性を高めてみてはいかがだろうか?

↓Twitterやってます。留学生活&英語学習にフォーカスして発信しています。フォローよろしくお願いします。

最新の記事一覧

初投稿、おもに経緯について

初投稿、おもに経緯について

初めまして、今年からマレーシアのモナッシュ大学コンピュータサイエンス学部に入学する予定の木村と申します。

何を書こうか迷いましたが、とりあえずここまでに至った経緯について書こうと思います。

自分はもともと理系のコンピュータ系が学べて、かつ英語の学習も確実に出来るような大学はないかと思っていました。それでも最初は日本の大学だけで探していたため、ここだ!と思う所がありませんでした。

それに、英語圏の大学(主にアメリカ、カナダなど)を探した時もありましたが、大抵先進国の英語圏の大学の学費は非常に高額で、私の家ではとても払える額ではなかったのもありました。偶然とある大学に通っている友人がマレーシアに交換留学するという話を聞き、マレーシアの大学は英語で教えていて、レベルもとても高いと知りました。

続きを読む