なぜ、留学を通して仕事で使えるレベルの語学力を習得すべきか

こんにちは。

マレーシア留学ネットの山根です。

今日は、『なぜ、留学を通して仕事で使えるレベルの語学力を習得すべきか』についてお話ししたいと思います。

語学の勉強は、『坂道を自転車で上るのと同じ』とよく例えられます。

平地の場合、自転車は少しの力でたくさん前に進む事が出来ますが、坂道、特に傾斜がきついほど、すごい力が必要なのになかなか前に進みません。

平地の場合、歩くより自転車に乗った方が楽して遠くまで進む事が出来ますが、坂道の場合、自転車をこぐより歩いた方が楽な事もあるはずです。

あなたも自転車に乗った事があるならこれが感覚的に分かりますよね?

しかも、坂道では、上るのは大変なのに、一度ペダルを踏む事を止めてしまうと、坂道を勢いよく下ってしまいますよね?

語学も同じなんです!?

1年程度の留学ですと、あなたが一生懸命毎日勉強して、英語力、中国語力をつけても、留学終了後、日本に帰国して、全く使わなくなってしまうと、いざ外国人と話す時、海外旅行に行った時、留学に行った時の、あの力が、、、、、

あれ?

できない(汗)・・・・・・・・・・

何、僕(私)のこの片言英語(中国語)・・・・・・・・・(汗)

となってしまいます。

日本語の場合、あなたがマレーシアに例えば、半年、1年留学をして、語学習得のために全く日本語を使わなかったとしても、日本に帰国して、家族に会った時に、お父さん、お母さんの言っている事が聞き取れない!?とか、日本語で言いたい事が言えなくて上手くコミュニケーションが取れない!!!??

な~~んて心配しないですよね?

1年と言わず、5年ぐらい全く日本語を話さなかったとしても、日本語が出来なくなる気がしないですよね?

あなたがそう思えるのは、生まれてから長年日本語を使い続け、既に日本語がしっかり定着しているからです。

私の語学の習得の経験上、身に付けた語学力を定着させるためには、少なくとも4、5年は使い続ける必要があると思います。

1、2年程度では、もしあなたが英語なり、中国語なりがそこそこできるようになったとしても使うのを止めてしまう(自転車のペダルをこぐのを止めてしまう)と、ゼロとは言いませんが、かなり退化(坂道を下って)してしまいます。

それが、4、5年使い続けた後に、しばらく使わなくなったとしても、例えば海外旅行に行けばはじめの2、3日は、違和感がありますが、数日で元の状態に回復します。

あなたが、マレーシアに1年留学して、その間全く日本語を使わなかったとしても、日本語を忘れてしまいそうな気がしないのと同じ状態を、英語や中国語でも作る事ができます。

なので、私は、今、英語も中国語も使う環境がなくなっても、あまり気にしません(気になりません)。

日本語と同じで出来なくなる気が全くしないからです(笑)

でも、語学留学するなら、5、6年がお勧めです!とは、言いませんよ(笑)

高校進学、大学進学等ならともかく、5年も語学の勉強だけに留学するなんて、時間的にも、費用的にも非現実的ですよね?

語学留学ならば通常は、長くても1年程度でしょう。

このような限られた環境の中でどうするか?

私は、英語なり、中国語なりを学ぶならば、それを仕事につなげて欲しいと考えています。

私は、日々色々なお客様とお話をする機会がありますが、

『マレーシアに留学して、仕事で使えるぐらいの英語力にならなかったら、日本に帰ってから、英会話スクールに通って自分で勉強すれば、仕事じゃなくても英語力は維持できます(・A・)9』

と別の意見(アイデア)を頂く事もあります。

もちろん、私も、学んだ語学力の維持方法として、仕事で英語、中国語を使う事が唯一の方法だとは思いません。

ただ、仕事以外の方法はほとんど続かないです・・・・・・ガーン(><)

例えば、あなたが、学生だったら、学校の科目として、英語を勉強する機会があるかもしれません。

ただ、社会人になると、全く英語と無縁になる仕事はたくさんあります。

そんな中、

・最近仕事が忙しくて、自由な時間が持てなくなってきた
・色々出費がかさみ、最近自由に使えるお金がなくなってきた

社会人をしているとこういう状況はよくあります。

こうなった時、あなたはどうやってあなたの状況改善をしますか?

私なら、『英会話スクール』がリストラ候補に挙がってしまいます(・A・)99

あなたならどうですか?

英会話スクールはどういう状況になっても継続して4、5年通い続けますか?

英会話スクールに通うのは、あなたの『時間』と『お金』を使い続けますので、生活が忙しくなったり、金銭的に厳しくなると、あなたの見直しリストに登場しがちなんですよね(笑)

なので、言うのは簡単なんですが、100人マレーシア留学しても、マレーシア留学後4、5年通い続けるのは、数名いるか、いないかの状態になってしまうんですよね。

しかし、仕事の場合、あなたが使いたい、使いたくないに関わらず、毎日たくさん使えます。

私は、大学卒業後長らく貿易会社で働いていましたが、英語、中国語を使わない日はなかったです。

しかも、英会話スクールの様に1日1時間、2時間レベルではないです!!!

外国や外国人を相手にした仕事の場合、外国語なしに仕事ができないんですよね。

なので、私自身の経験から仕事は日本にいても、マレーシアにいたのと同じ環境を手頃に作る方法だと私は考えます。

英会話スクールは、長期持続が『時間的』、『金銭的』に簡単ではないですが、仕事の場合、毎日忙しくてもあなたでも簡単に英語、中国語をたくさん使い続ける事ができます!!

但し、仕事の場合、学校ではないですから、ビジネスレベルの高い英語力(中国語力)がなければ、やってもらう仕事がないですから、語学を使う仕事に就くためには、留学を通して、そこまでのレベルに到達させてくる事が大切です!!

あなたが、本気で語学を習得したいと思うのならば、マレーシア留学の目標として『仕事で使えるレベル』を目標にしてみてはいかがでしょうか!

ABOUT:この記事を書いた人

malaysiaryugakumalaysiaryugaku



<malaysiaryugakuが書いた最新記事一覧>

ご意見、ご感想、質問等何でもお気軽にお書き下さい。あなたからのコメントには必ずお返事致します!!

 

更新情報、最新情報をお届けします!

Facebookページ、Google+ページ、メールマガジン登録又はフォローしていただければホームページ、ブログの更新情報及びマレーシアの最新情報が届き便利です。

大卒の5人に1人が無職又は派遣労働等の不安定職にある中、今後あなたが就職、転職につながる留学をするために、マレーシア留学を通して結果を出すための情報、アドバイスを発信しています。是非ご活用いただき、明るい未来を手に入れて下さい!!