マレーシア中学・高校留学情報

なぜマレーシアで中学留学・高校留学なのか

『夢を持つきっかけを作れる』、『マレーシアは安全なの?』などマレーシア中学留学・高校留学、マレーシアの中学・高校へ留学する事への疑問・不安などから、『なぜマレーシア留学?』から始まる、マレーシア高校留学の知られていない魅力まで、マレーシア中学留学・高校留学及び初めて留学を考えておられる方に向けた入門情報です。

夢を持つきっかけを作れる

今、高校生以下の子供たちは全てバブル崩壊後の90年代以降の生まれです。

小さい頃から世の中倒産・リストラ等暗い話題が多い中で育ってきた事もあり、同世代の子供を持つご両親や学校の先生からも『今の子供は夢が持てない子が多い』という言葉をよく耳にします。

これからの日本を考えても、人口減少(市場縮小)・少子高齢化等厳しい問題がたくさんあり、どう楽観的に考えてもなかなか明るい希望を持つ事は正直難しいと思います。

そういう中で、ただ漠然と『明るい未来を描け!』、『夢を持て!』と言われても、小学生・中学生や高校生だけではなく、私自身でも無理だと思います。

しかし、あなたと同世代でもマレーシア人や主に発展途上国からの留学生は、夢と希望に満ち溢れている人が多いです。

それは、あなたが生まれた時代は、日本では既に家にテレビがある事、パソコンがある事、エアコンがある事、自家用車がある事、み~んな、普通です。あなたは、ものあふれした時代に生まれてきました。

片やマレーシアでは、家に何もない状態で生まれている人が少なくありません。

現在は、スマートフォン片手にLINEやfacebookで友達とチャットしたり、エアコンが効いた快適な部屋で生活をしていますが、今現在の彼らの生活は、幼少期には夢にも見なかった、想像もできなかったような豊かな生活を送っています。

日本で言えば、戦後焼け野原の状態の頃に生まれた現在70歳ぐらいの世代に当たります。日本の高度経済成長の中で、夢と希望に満ち溢れ、がむしゃらに働いて、あなたが今普通に感じている快適な日本の社会を築き上げて下さいました。

私はマレーシア留学に当たり、マレージャパンの仲間たち(マレーシア留学ネットを利用してマレーシア留学しているお客様)には、夢・目標・目的を持つ事を強くお勧めしていますが、出発までに見つける事が出来ず、探している段階で出発される方もいます。

特に夢を探している段階の人にとっては、マレーシアで同世代のマレーシア人であったり、他国の留学生と話している中で楽しそうに(熱く)自分の夢・希望を話す姿を見て、とてもショックを受ける様です。

『なぜ、自分には熱くなれる夢がないのかと。。。。』

でも、それと同時にマレーシア人、他国の友達から刺激を受けて、

『山根さ~ん、僕(私)、夢を見つける事が出来ましたよ~~~!!』

と近況報告を下さる方が少なくありません。

20年以上景気が悪かったため、無欲・無関心等落ち着き過ぎてしまった人が周りに多い日本で、あなただけ大きな夢や希望を見つけ出し、熱くなるのは難しいかもしれませんが、マレーシアでは、あなたも夢と希望にあふれた日本の高度経済成長時代を疑似体験する事ができます。

失敗できる

留学する前から思うような成果・結果をあげられなかったら…という話は縁起がよくありませんが、『失敗できる』のは中学留学・高校留学の特権です。

大学生高学年の場合、就職を意識しなければなりません。社会人の場合、成果がなければ留学後就職できないかもしれないというリスクが伴います。
しかし中学留学・高校留学の場合、例えば英語がしっかりものに出来なかったなど思うような成果をあげる事が出来なかった場合でも、それに対してあなたが悔しいと思えば、再度大学生として海外留学をやり直す事ができます。

留学を通して成果をあげられるかどうかは、実際に留学してみなければ誰にも分かりません。

私は、何事も思い通りに行く事が人生だとは思いませんし、成果があがらない留学となってしまったとしても、そこから変わる事が出来るのであれば、その留学はその人にとって良かったものだと思います。

ただ、年齢が上がるにつれて、学びよりもその後の人生に与えるダメージの方が大きくなりますので、、やり直しができる中学留学・高校留学は、早い時期に留学を思い立った特権です!

失敗する事を恐れずに中学留学・高校留学に挑戦しましょう!

マレーシアは安全なの?

もちろん、日本の方が安全です。しかし、日本の安全性は、世界的にみると異常なほど高いです。

マレーシアは財団法人ロングステイ財団の調査によると、定年退職後海外ロングステイを希望するアクティブシニアが暮らしたい国No.1に10年以上連続で挙がっています。また、日本の高校の海外修学旅行先としてマレーシアは第3位で年間100校から15,000人近くの高校生が訪れています。

特に修学旅行先になるという事は、他国に比べて安全性が高い又は確保しやすい事を意味していると思います。

深夜に人通りがないところを独り歩きしない、人通りのない路地に入らない、知らない人にはついて行かない等身の安全を守る上で常識的な生活をする上では大きな問題はなく、生活水準も東南アジアでは上位に位置しており快適な生活が送れます。

また医療水準も高いですので、病気・怪我の際にも現地在住の日本人がよく行くような高級病院に行けば、適切な治療を受ける事が出来るので安心です!

マレーシアの医療水準が高い理由は、インドの医療水準が高いのですが(アメリカの医師の4人に1人がインド人と言われています)、マレーシアにもインド系のマレーシア人がおられるので、その影響を受けているのだと思います。

マレーシア留学ネットのこだわり

マレーシア中学留学・高校留学までの流れ

STEP1:まだ何も決まっていません。

まずは、マレーシアの中学留学・高校留学を理解するところから始めましょう!

マレーシアの中学留学・高校留学には、色々なスタイルがあります。あなたは、どんな形で留学したいのかイメージしてみて下さい。

STEP2:留学先の学校を決めましょう。

マレーシアで何を学びたいのか、留学後の進路等を踏まえながら考えましょう。

STEP3:分からない事や不安点を解決しましょう。

・日本式ではなく、プロジェクト・プレゼンテーション等大学教育に近いような学校を考えているが、どのインターナショナルスクールがお勧めですか?
・中学生ですが、進路をどうしたらいいか困っています。
・英語だけではなく、中国語・マレー語等の多言語を学びたい。
・日本の高校生ですが、1年だけの留学は可能ですか?
・卒業後の進路は、どうなるのでしょうか?
・現在中学1年生ですが、いつから準備を始めたらよいでしょうか?
・現在小学生ですが、マレーシアの中学留学・高校留学するために今頑張れる事は何でしょうか?

STEP4:入学の可能性を事前に審査しましょう。

ご希望のインターナショナルスクールが決まりましたら、過去3年分の成績証明書をお送り下さい。

各インターナショナルスクールに入学基準を満たしているか事前審査致します。

尚、この時点で英語力はあまり気にされる必要はありません。成績面で入学基準を満たしていれば、英語の方はどのように対応したらよいかご提案させていただきますのでご安心下さい。
事前審査ご希望の場合は、事前審査手配手数料(円~円:ご希望のプランにより異なります。)請求書を電子メールにてお送り致します。

尚、ご希望のインターナショナルスクールの入学基準に満たなかった場合、銀行振込手数料を差し引いた金額をお返し致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

STEP5:お支払い

当社はお客様からの事前審査お申込みを受け取り次第、事前審査お申込みの確認連絡および事前審査手配手数料請求書を電子メールにてお送り致します。当社にて事前審査手配手数料の入金確認をした時点で正式な事前審査お申し込みとなります。

STEP6:お申し込み

学校より入学基準を満たしている連絡が来ましたら、インターナショナルスクールへのお申し込みをしましょう。

STEP7:留学手続きの開始

学校側への留学手配の手続きを開始致します。

出発日までに、持っていく荷物について・お金の事・学生ビザの事・学校への行き方・マレーシアでの効果的な授業の受け方・効果的な授業外の過ごし方など、継続してアドバイス・サポートしていきます。

STEP8:マレーシアに向けて出発

いよいよマレーシアに向けて出発です。

出発後もあなたの夢・目標を実現化し、より大きな成果を上げていただくために、適時アドバイスをしたり、勉強面・生活面でのお悩みなどのご相談に乗ります。