2017年2月22日
マレーシア留学ネット

マレーシアの大学見学会開催のご案内

2017年8月22日(火)~25日(金)、28日(月)~31日(木)の間で、マレーシアの大学見学イベントを実施します。

【日程】
1回目:8月22日(火)~25日(金)
2回目:8月28日(月)~31日(木)

【訪問大学】
6大学
テイラーズ大学 サンウェイ大学 INTIインターナショナル大学 モナッシュ大学 ヘルプ大学 アジアパシフィック大学

【募集対象者】
マレーシアの大学・大学院進学予定者及びその保護者

【募集人数】
留学予定者5名前後+その保護者
(学生のみの参加も可能です)

【内容】
1.各大学にて学校の説明、キャンパス内・寮の見学
2.いくつかの大学で模擬授業を受けていただけます。詳細は後日ご連絡致します。
3.マレージャパンの仲間(マレーシア留学ネットを利用してマレーシアに留学されているお客様)の中で、現役の学生との交流
4.大学カフェテリアでの学食の試食(別途食費がかかります)
5.市内観光(独立広場)orショッピング(セントラルマーケット)


【参加費用】
大学視察手配手数料と致しまして32,400円を頂戴致します。
※2名以上の参加の場合、2人目より別途10,800円/人を申し受けます。
※視察後、マレーシア留学ネットにお申込み頂いた場合は、留学手配手数料より、21,600円を差引します。

【費用に含まれないもの】
下記のものは、費用に含まれていませんので、参加者各自でご手配、ご負担下さい。
・日本-マレーシア往復航空券
・マレーシア国内の交通費
・宿泊先
・海外旅行保険
・飲食代

【ご提案】
マレーシア大学見学イベントに合わせてその前後に、語学学校にて短期留学いただく事も可能です。
1ヶ月程度の留学の場合、正直英語力に関する成果は見込めません。ただ、学校英語ではなく、コミュニケーションツールとしての英会話を実際にやってみる事は、帰国後あなたがどういう勉強をしないと行けないのかという課題探しにつながります。また、あなたが、マレーシアの生活に合うのかどうか試していただく事ができます。

※マレーシア大学見学イベント参加の週は、学校をお休みにできます。
※短期語学留学希望者は、留学手配手数料54,000円を頂戴しますが、大学視察手配手数料免除し、更に今回の短期語学留学手配手数料は、大学進学時の留学手配手数料の内金(留学サポートの一環)とさせて頂きます。

【Q&A】
Q1.学生のみの参加も可能ですか?
A1.20歳未満の場合、保護者の同意のもと可能です。

Q2.マレーシアまでの航空券は自分で手配しないといけないですか?
A2.お手数をおかけいたしますが、マレーシアまでの航空券は、各自でご準備いただきますようよろしくお願い致します。

Q3.いつまでにマレーシアに到着しておけばいいですか?
A3.各回共朝8:00に出発しますので、集合時刻に間に合うように現地入りしていただきますようよろしくお願い致します。

Q4.宿泊先は指定されていますか?
A4.いいえ。お好きなところにお泊り下さい。毎朝、KL Sentral駅を集合場所としますので、移動しやすい場所にお泊り下さい。

尚、自分一人で行動される事が不安な方は、下記のアパートをご利用いただけます。私もそこに宿泊しますので、毎日、出発から帰宅まで一緒に行動致します。

大学寮には宿泊していただく事ができませんが、疑似寮体験ができます。

アパート参考写真

宿泊費:Rm92(2,371円)/泊+保証金(退出時返金)Rm50(1,289円)
※Rm1=25.77円 11/27為替レート

Q5.海外旅行保険への加入は強制ですか?
A5.マレーシア滞在中、病気、事故、怪我等された場合、治療費を気にする事無く病院にお連れできるように参加者全員海外旅行保険へ加入していただきます。

AIU海外旅行保険

Q6.訪問予定先以外のマレーシア留学ネットで紹介されている大学を見学する事は可能ですか?
A6.可能です。別途追加料金も頂きませんのでお気軽にご連絡下さい。但し、私は同行致しませんので各自で大学へは行っていただく事になります。各大学までの行き方も調べておりますので、行き方マニュアルをプレゼント致します。

学生の場合、貴重な春休みを利用していただくわけですから、単なる学校見学会にするつもりはありません。

できるだけ公共交通機関を使う事により、等身大のマレーシア、マレーシア人、そして、あなたが、マレーシアに留学したらどんな生活になるのかというイメージがしやすいものを心がけています。

留学予定者さん自身に、とにかく話して、聞いていただく機会をたくさん作るため、約5名という超少人数募集としております。

『山根さんが通訳してくれないのですか?』

う~ん、私が通訳してもいいです。しかし、あなたにわざわざマレーシアにお越しいただくのに私が英語の練習(勉強)して、あなたは私の後ろをついてくるだけではつまらないですよね?

マレーシア留学の1つの魅力に『マレーシア人のフレンドリーさ、優しさ』があります。

日本では、これをあなたに言葉でしかお伝えする事ができませんが、今回、わざわざあなたにマレーシアにお越しいただくわけですから、それをあなたの心で、身体で感じて頂きたいと考えております。

今まで、マレーシアの大学に見学に行っていただいた、高校生、大学生の方には、全員に積極的に、話す事、聞く事にチャレンジするように私は言ってきています。

上手くできなくていいんです(・A・)9

そのために、マレーシアの大学・大学院進学を考えているのですから。

初めてなので、知らない人に声をかける事や、しかも英語で話しかける事に勇気がいるのでなかなか思うようにはいかないとは思いますが、自分が思うように言えない、緊張しておどおどしている時のマレーシア人の対応をあなたによく見て欲しいと思います。

特に英語圏は、外国語を勉強した経験がなく、外国語を学ぶ難しさを知らないがために、たどたどしい英語で話しかけると言っている事が分からないとあしらわれてしまう事もありますが、マレーシア人は、数ヶ国語話せますので、英語を学ぶ難しさを分かっていますので、何とかして聞いてあげよう、理解してあげようという態度を感じる事ができ、あなただけではなく、ご家族の方もマレーシア留学させる事に少し安心していただけるのではないかと思っています。

帰国後(中には大興奮してわざわざ現地から中間報告して下さる方もおられます!)、
『早くマレーシアに行きたい』
『どこどこで誰々とこんな話をしてみました』
『コミュニケーションが全然成り立ちませんでしたがとにかく話しかけました』
『マレーシア人いいですね』
『コミュニケーションツールとしての英語を学ぶ大きなモチベーションになりました』
『悔しい、もっと出発までに英語の勉強頑張ります』
このようなコメントをたくさんの高校生から頂いております。

私自身の留学経験から初期の段階ではこの現地人の暖かさがあなたが頑張り切る大きな原動力になると信じております。

もちろん、あなたが困っている時には、助け船を出しますし、後から日本語にて解説しますので、ご安心下さいね!!

今回のイベントでは、学校視察が終わった時にもっとこうしておけばよかったと不甲斐なさを感じて終わるぐらいがこれからの留学本番に向けて最高の終わり方だと思っています。

あなたにお会いできる事、楽しみにしております!!

P.S.募集人数に達した時点で募集は終了致します。

ご不明点、ご質問等ございましたら、上記よりお気軽にご連絡下さい。