新規取り扱い学校(ヘルプ大学)

こんにちは。

マレーシア留学ネットの山根です。

ヘルプ大学(HELP University)の紹介ページが完成しましたのでご覧下さい。

マレーシア留学ネットでは、ヘルプ大学より特別なオファーをいただきました。そのオファー内容とは、マレーシア留学ネットを通して2013年末までに入学された方の第1学年目の授業料を30~50%オフというものです。大学の学費ですので何十万円単位になりますので、ヘルプ大学進学をお考えの方は是非ご利用下さい。

各プログラムの値引き額に関してはこちらをご覧下さい。

但し、大学留学の場合入学するまでに手続きに時間がかかりますので大学指定の期間までに時間がありません。そして、2014年3月高校卒業後予定の方は間に合いません。

私個人的には、何とか2014年3月高校卒業予定の方まで対象にしたいという思いがありますので、現在ヘルプ大学側と期間延長の交渉をしておりますが、どうなるか分かりません。2014年3月高校卒業予定でヘルプ大学進学に興味がある方は個別で学校側とかけあいますので、お気軽にご連絡下さい。

引き続き、ウォールストリートイングリッシュ、シェフィールドアカデミーと公開していく準備を今進めています。

ご要望のある学校から優先的にサイトの公開をしていきたいと思いますので、ご希望がある方はお気軽にこちらよりご連絡下さい。

今回新たに紹介する学校の簡易情報です。

●シェフィールドアカデミー
【所在地】クアラルンプール市内
【設立年度】2010年
【運営形態】オーストラリア系語学学校
【学生数】126人
【主な出身国】イラク、オマーン、サウジアラビア、カタール、カザフスタン、ロシア、タジキスタン、中国、パキスタン、韓国、リビア
【教師出身国】イギリス、フィリピン、カナダ、インド
【1クラス最大人数】7~8人(下位レベル)
15人(上位レベル)
【コメント】マレーシアの大半の海外系語学学校はフランチャイズ式の学校ですが、この学校は、オーストラリアの学校直営校です。入学時にクラス分けのプレースメントテストを受けますが、その結果を基にリスニング、スピーキング、ライティング、リーディング等がどれだけ伸びたかレベル修了毎にチェックされます。各先生も成果を求められており、授業形式、授業時間は大まかには決められていますが、クラスのメンバーに合わせた最適な授業運営ができるために教師に授業形式、授業時間の配分は大幅に権限が与えられています。

●エリカン
【所在地】クアラルンプール市内
【設立年度】1994年
【運営形態】語学学校
【教師出身国】イギリス、オランダ、アメリカ、マレーシアなど
【1クラス平均人数】レベルにより異なる
【1クラス最大人数】25人
【コメント】マレーシア国内では非常に有名な語学学校です。創設者が自身の英語習得の経験に基づいたノウハウから始まった学校で、独自の教育ノウハウを強みにしている学校です。課外活動として、毎月無料でスタディーツアーに参加できます。現在は、小さなカレッジ(短期大学)も運営しておりますが、学生数が増加しており、近いうちに独自のキャンパスを建設し、サンウェイ大学、テイラーズ大学の様なマレーシアの最高峰の教育機関とへ進化していく事を目標にしている学校です。

●ウォールストリートイングリッシュ
【所在地】クアラルンプール市内
【設立年度】2012年
【運営形態】イギリス系語学学校
【学生数】60人
【主な出身国】マレーシア45%、中国・日本・アラブ諸国各10%、その他25%
【教師出身国】イギリス
【1クラス最大人数】2~12人
【コメント】イギリスを本部に置き、世界28ヶ国に450もの学校を有する語学学校のフランチャイズ校。40年の歴史から独自に編み出された英語の教育ノウハウを強みとしています。一般的な語学学校の様に朝何時からと皆が決められた時間に集まり、決められた授業を一斉に受けるという 事が全くありません。まずは、パソコンを使った独学を行い、そこから学んだ事をプライベートレッスン並みの少人数クラスで実践していくという授業形態になっています。学校も夜遅くまで解放されており、授業外でも自分から先生に話しかけて練習していくという積極的な方及び自己管理ができる方にお勧めの学校です。完全に自分から取りに行くという事が求められる学校です。先生は全員イギリス出身のネイティブの方です。

●CEL
【所在地】クアラルンプール市内
【運営形態】大学付属語学学校
【学生数】80~100人
【主な出身国】主にマレーシア
【教師出身国】主にマレーシア、イギリス1人
【1クラス平均人数】10~15人
【1クラス最大人数】20~23人
【コメント】トゥンアブドゥルラザック大学の大学付属語学学校です。大学付属の語学学校ではありますが、大学内ではなく別の場所に独立した形であります。通常の語学学校は、申込料、登録料等が授業料の他に発生しますが、CELでは、そのような費用が発生しないため、特に数か月等の短期の留学をお考えの方には、費用を抑えて留学する事ができお勧めです。

●ニライ大学

ABOUT:この記事を書いた人

malaysiaryugakumalaysiaryugaku



<malaysiaryugakuが書いた最新記事一覧>

ご意見、ご感想、質問等何でもお気軽にお書き下さい。あなたからのコメントには必ずお返事致します!!

 

更新情報、最新情報をお届けします!

Facebookページ、Google+ページ、メールマガジン登録又はフォローしていただければホームページ、ブログの更新情報及びマレーシアの最新情報が届き便利です。

大卒の5人に1人が無職又は派遣労働等の不安定職にある中、今後あなたが就職、転職につながる留学をするために、マレーシア留学を通して結果を出すための情報、アドバイスを発信しています。是非ご活用いただき、明るい未来を手に入れて下さい!!